ねこせつ~猫でも分かるPCソフト解説

パソコン初心者にも分かりやすい解説サイトを目指します。動画の保存方法からEvernoteなどのクラウドアプリやFreeMindなどのフリーツールまで

スポンサーサイト

画像はクリックすると拡大できます
リンクフリーです。記事への直リン歓迎。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事を共有しませんか?

よければご意見をお聞かせください。

ご訪問ありがとうございました!

これに関連する記事

あわせて読みたい
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2大クラウドEvernoteとDropboxの違いまとめ

画像はクリックすると拡大できます
リンクフリーです。記事への直リン歓迎。

Evernote&Dropbox
Evernote(エバーノート)もDropbox(ドロップボックス)も流行のクラウドサービスです。共通点も多く、実際どうやって使い分けたらいいのん?っていう声をよく聞きます。
私も実際使ってみるまで二つの違いが体感的に分からず「いや全部Evernoteだけで良くね?」って思ってました。でもこのままじゃクラウド語れないだろって考え実際に使用してみた結果、違いが分かったのでみなさんにも知ってもらおうということです。
EvernoteとDropboxの使い分けに悩んでる方が読むと少し頭の中がスッキリするかもしれません。

Evernoteに興味がある方はよければファンサイトへお越しください。
ねこえば!Evernote(エバーノート)の便利な使い方

1.共通点を知ろう

まずEvernoteとDropboxの違いを知る上で共通点を知っておきましょう。
・簡単にネット上にデータを預ける
・いつでもどこでもデータを簡単に引き出せる
・無料で使い始めることができる
・Windows、Mac、スマートフォンなど色々な端末に対応した専用アプリ
・日本語化されてる


両方とも無料で日本語対応なので「お手軽に使えて」、データを預ける・引き出すサービスなので「使い道が無限大」なわけです。

2.EvernoteとDropboxの違いを知ろう

似てる部分も多いですがEvernoteとDropboxで明確に違うことが2つあります。
A.容量や転送量の制限
B.データの表示/取り扱い形式


A.容量や転送量の制限

・Evernote
月間転送量の制限有り。無料だと60MB プレミアムだと1GBまで。転送量を超えたらその月は保存できない。
保存容量には制限がない。
Evernote使用量

・Dropbox
月間転送量には制限がない。一度に2GBアップロードも可能。
保存容量の制限有り。無料だと2GB+キャンペーンで拡張可能 課金で50GB、100GBプランがある。
Dropbox使用量

Evernoteには容量の制限がないので、日記や日々積もり積もっていく書類やちょっとした写メ、思いついたアイデアのメモやボイスレコーダーのような時系列的な使い方ならEvernoteの方が向いています。
逆にDropboxには転送量の制限がないので、フォルダ内を一度にまとめてバックアップする場合や、動画ファイルや音楽ファイルなど大容量のものを保存する場合はDropboxの方が向いています。

B.データの表示/取り扱い形式

・Evernote
ノートとして取り扱う。テキスト以外は添付ファイルとして扱う。
Evernoteのノートイメージ

・Dropbox
ファイルとして取り扱う。パソコンのフォルダと同じような扱い方。
Dropboxイメージ

Evernoteは「ノート」という今まであまり見なかった形式なので新鮮に感じます。一方Dropboxはパソコンのフォルダと同じような扱い方なのでとっつきやすいです。

3.Evernote、Dropboxそれぞれの使用例

Evernoteの使用例:
使用感想などの一言メモを書いて試用ソフトをZIPファイルにして添付し「試用ソフト感想ノート」を作ったり、一日の最後にできごとを書いてその日撮った写メを添付して「写真日記」を作ったり、周辺地図をキャプチャして乗り換え案内や行き先の情報を書いて「オリジナルアクセスマップ」を作ったりできます。

Dropboxの使用例:
自分がよく使うアプリケーションをDropboxに入れて他のパソコンでも同じように使える「共用アプリ」フォルダを作ったり、集めた大量の画像ファイルを「Photos」に入れてURLを公開して自慢したり、友人にオススメのソフトをDropboxに入れて「オススメフォルダ」のURLをメールして手軽に渡したりできます。

ただし全て向き不向きの問題なので、基本的にはどちらでもできることなんです。
例えば「オリジナルアクセスマップ」はWordなどで作成してDropboxに放り込めばいいし、「オススメソフトフォルダ」もEvernoteのノートを友人にメールすればいいんですから。
カレーをブロック肉で作るかバラ肉で作るかの違いのようなもので、味や仕上がりは違いますが出来上がるのはカレーです。貴方が「細かいことは気にしない!」タイプなら今使ってる方を使い倒せばいいです。

4.まとめ。結局EvernoteとDropboxを使い分けたほうがいい?

スタンスとしてはDropboxは「いつでもどこでもフォルダ」で、Evernoteは「いつでもどこでもメモ帳」です。
単にバックアップやデータの共有ならDropboxの方がシンプルでいいと思います。ライフログや議事録などなんらかのログ(記録)を残したいのであればEvernoteの方が向いてるでしょう。

でも結局は使い分けるかどうか個人のお好みになってしまいます。使い分けてもいいし、どちらかに情報を集約してもいいし、両方同期させてもいいです。
Evernote&Dropbox
ただし使い分ける場合は探すときに「あれ、どっちに入れてたっけ?」ってならないように自分でキチンとルールを決めておいた方が良いかと思います。例えば音楽・動画ファイルとExcelファイルはDropbox、それ以外はEvernoteなど。

ラキ個人的にはあまり分散させない方がいいと感じました。必要なときに必要なものを「ぱっと取り出せない」ならクラウドを使ってる意味がありませんから。

EvernoteとDropboxの使い分けに戸惑ってる方に参考になれば幸いです。
ありがとうございました。

この記事を共有しませんか?

よければご意見をお聞かせください。

ご訪問ありがとうございました!

これに関連する記事

あわせて読みたい

テーマ:便利ツール - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/04/15(金) 02:01:28|
  2. Dropbox
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<削除したファイルをDropboxで元に戻すやり方 | ホーム | パソコンとスマホで共有できるスペースを無料で手に入れようDropbox使い方例>>

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/06/28(金) 08:00:55 |
  2. #
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/03/05(火) 10:57:05 |
  2. #
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/02/12(火) 17:12:07 |
  2. #
  3. [ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://nekosetu.blog103.fc2.com/tb.php/88-786a3c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

調べたいキーワードで検索

ブログ内の全記事を表示する

RSS/ソーシャルブックマーク登録

RSSを購読するとサイトの最新情報が分かります。「リアルタイムお気に入り」みたいな。

RSSリーダーで購読する

ソーシャルブックマークは「共有お気に入り」です。どちらも便利なので是非一度試してみてください。

みんなが読んでる記事

最新記事

カテゴリ

人気記事まとめ (2)
このサイトについて (2)
ネットラジオ (3)
Dropbox (5)
テキストエディタ (1)
画像を保存ダウンロード (2)
動画を保存ダウンロード (11)
動画の編集・再生 (7)
デスクトップのカスタム (8)
Evernote (10)
Firefox (9)
マインドマップ (5)
秘密を管理する (6)
FC2ブログノウハウ (5)
WEB製作 (2)
IT用語 (1)
XAMPP (3)
WordPress (6)
CMS (6)
節電・節約・エコ (3)
未分類 (3)

プロフィール

ラキ

Author:ラキ
パソコン初心者にも分かりやすい解説サイトを目指します。動画の保存方法からEvernoteなどのクラウドアプリやFreeMindなどのフリーツールまで。ご質問や、ご意見等はコメント頂ければ可能な範囲でお答えいたします。
若輩者ですがよろしくお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

他にもPC解説サイトを見てみる
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへFC2ブログランキング

相互リンク募集!

リンク

ラキの運営サイト

感謝

スポンサー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
747位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
96位
アクセスランキングを見る>>

タグクラウド